毎日が大安ブログ

あなたも私も毎日が大安です

浴室カビにはどんな洗剤?落ちないパッキン目地には。防止法もご紹介

time 2017/03/09

浴室カビにはどんな洗剤?落ちないパッキン目地には。防止法もご紹介

浴室のカビは頑固でこまりますよね。
天井や壁だけでなく、一番落ちにくいのはパッキンや目地の白い部分では?
どうやったらあの黒いカビがきれいになるのでしょう。

洗剤はどんな物を使ったら効果的なのか。
落ちにくいパッキン、目地の対処法。
普段からカビを予防する方法をご紹介します

スポンサーリンク
  

浴室カビに効果のある洗剤

浴室に生えるカビを除去するには、
市販のカビキラーやカビ取りハイターを使うのが一般的です。

ですが、お風呂用カビキラーなどは少々高いのが難点。

そこで使えるのが、洗濯用として販売されている塩素系漂白剤。
風呂場用とほとんど成分が同じで、こちらの方が安価です。
100均で売られているものでも十分です。

カビ取りを始める前には、浴室を全体、またはカビが気になる部分を
水をかけておきます。
カビは水をかけるとカビ胞子が水分を吸収するために開きます。
そこにカビ剤や漂白剤をかけることで、
カビ内部まで薬剤が浸透して効果的です。

しっかり薬剤がとカビの上に留まるように、
カビ剤を吹き付けた後に、ラップやティッシュ、キッチンペイパーなどで覆い
時間を置くと効果的です。

掃除する間は必ず換気をする。
目や鼻、手を守るために、メガネやゴーグル、マスク、掃除用手袋を必ず着用してください。

洋服に薬剤が付くと色が取れるので注意が必要です。

20分から30分おいて、シャワーで良く流し、
その後、風呂用洗剤で洗います。

そうすることでかなりきれいになります。

落ちにくいパッキン、目地はどうする?

浴室のカビで一段と頑固で落ちにくいのがパッキンと目地部分に入り込んだ黒カビですよね。

こういった部分にピンポイントで使いたい場合は、
「ジェル状」カビ取り剤が効果的です。

ジェル状なのでパッキンやタイルの目地に直接塗りやすいですし、
ラップで覆う手間もないので大変使いやすい形状です。

ジェル状のカビ取り剤が手元にない場合は、
液体カビ取り剤を片栗粉と混ぜてねっとりさせて、塗る方法もあります。

スポンサーリンク

一度で綺麗に取れない場合は、根気よく複数回やることでかなりきれいになります。

パッキン、目地のカビも先ほどと同様。
まずは水にぬらしてから。
可能なら古歯ブラシなどで黒い汚れをこすって少しでも落としてからはじめるとより落ちやすいです。

カビ防止用、予防法を知っておこう

さあ、しっかりとカビを除去することができたら、
カビが生えないよう普段から予防する習慣をつけておくことが一番ですよね。

それにはまずはカビが好まない環境を作ることが最優先。

カビは垢やせっけん、ボディーソープなどの石鹸垢をエサとして発生します。
浴室を使い終わるときに、
今一度、壁や床をざっと洗い流します。
最後に水を全体にかけて浴室の室温を下げることも大きなポイント。

使用後は換気扇を回す、窓を開けるなどして湿気がこもらないようにする。

最後に使った人はスクイジーなどで水滴を取る。
使い終わったバスタオルで床、壁の水滴をふき取る。

面倒なようですが毎日のこまめな積み重ねでカビの発生をグンとおさえることができます。

また、浴室天井にはたくさんのカビが繁殖しています。そのカビ胞子からカビ菌を浴室全体に降らせています。
なので定期的に天井も拭いておくことも必要です。

天井を拭く方法は、
浴室用ワイパーやお掃除用ワイパー。クイックルワイパーのような掃除用具ですね。
それにキッチンペーパーを付けて、
消毒用のアルコールスプレーを吹き付けて拭きます。
これを月1回ペースですればOK。
これなら簡単にできますね。

また、カビ胞子を降らせない天井に貼るタイプのカビ防止グッズや、
カビ燻煙剤、商品名ですと「ルックおふろの坊カビくん煙剤」もあります。
銀イオンの煙で、浴室全体の黒カビ原因菌をまるごと除菌!という商品で、
これからはカビを落とすから防ぐ時代だとキャッチフレーズにありました。

毎日のこととなるとつい面倒で忘れがちですが、
こまめに予防しておくことで、ニオイがきつく大変なカビ落としの作業が軽減されると思うと
がんばれますね。

スポンサーリンク

down

コメントする




最近のコメント