毎日が大安ブログ

あなたも私も毎日が大安です

梅雨対策頭皮のべたつき、かゆみはどうすれば改善されるの?

time 2017/03/10

梅雨のじめじめした時期、気を付けていても頭皮のべたつきやかゆみが気になりますよね。
しっかりシャンプーしているのに、じっとりとべたついて、かゆみもある。

そんな時には自分でできるケアにはどんな対処方法があるのでしょうか。

スポンサーリンク
  

梅雨時期の頭皮のベタつきには

頭皮がべたつくからと言って、
ごしごしとシャンプーをしすぎていませんか?

さらにべたつきが気になるばかりに洗浄力の強いシャンプーを使ったりしていませんか?
シャンプーの洗浄力が強すぎると
頭皮の油分を余分に取りすぎてしまい、

かえって、
失った油分を補おうとして体から皮脂を分泌する働きにより
過剰に皮脂が出てくる場合があります。

泡立ちが悪いからといって、途中でシャンプーを継ぎ足したりしていませんか?
かえって量が多すぎるためにすすぎが不十分となり
すすぎ残してべたつきにつながっている可能性もあります。

シャンプー剤は少な目の量で充分なのです。
その分、予洗いといってシャンプー前のお湯ですすぐ時間を
じっくりいつもより長めにとります。
それで汚れのほとんどは落ちると言われています。

たっぷりの量で頭皮だけでなく、髪全体をよく予洗いし、
少ない量のシャンプーをしっかり泡立てて使い、
後の洗い流しもゆっくりと時間をかけて行ってください。

スポンサーリンク

頭皮のかゆみ対策

かゆみとひとくちに言ってもいろんな可能性があります。

梅雨時期の湿気の多い時期、肌が敏感になっていて何かの成分に対してアレルギー反応を起こしている。

先ほどのシャンプーのすすぎ残しに通じる話ですが、シャンプーやトリートメント剤の洗い残しで肌が炎症を起こしている。

シャンプー後のドライヤーの際に、温度を高く設定しすぎていたり、長時間乾燥させすぎていて、かえって肌が乾燥してかゆみを引き起こしている。

ざっとこれらの原因が考えられます。

ドラッグストアや薬局に市販の頭皮のかゆみをおさえるスプレーが発売されています。
比較的効果があり、かゆみをおさえ、湿疹をおさえてくれます。
すぐに皮膚科に行けない場合やまずは自分で治したい場合に役に立ちます。

市販薬で改善されない場合にはぜひ皮膚科にかかることをおすすめします。
かゆみや湿疹に対する薬の処方だけでなく、
肌質に合った肌にやさしいシャンプーも紹介してもらえます。

梅雨時期は頭皮も湿気が多く、細菌を繁殖しやすい環境になりますよね。
なるべく長時間帽子をかぶらない。
汗をかいたらシャワーで流す。
枕カバーや寝具を清潔に保つ。
ヘアスタイルを工夫し、湿気がこもりにくくするなど対策が必要ですね。

スポンサーリンク

down

コメントする




最近のコメント