毎日が大安ブログ

あなたも私も毎日が大安です

赤ちゃんのあせも対策。湿疹との違いは、病院にかかる目安はどうする

time 2017/03/27

赤ちゃんのあせも対策。湿疹との違いは、病院にかかる目安はどうする

暑い時期になってくると出てくるのが赤ちゃんの背中や、首周りの赤いぽつぽつ。
あせもですね。

気を付けていても、気が付いたらできていた!なんてことが多いですよね。
しかもそれが湿疹なのかあせもなのかよくわからないし、
あせもができたら病院にかかるタイミングっていつなの?って悩むところです。

ひどくなって「とびひ」になってしまわないよう。
赤ちゃんのあせも対策お伝えします。

スポンサーリンク
  

赤ちゃんのあせも対策

赤ちゃんはびっくりするくらい汗をかきますよね。
汗をかきやすいうえに、
ムチムチしてる首回りや腕の曲がる部分、ひざの裏など
汗がたまりやすいですよね。

赤ちゃんのあせも対策として一番大事なのは、
大人と同じで汗をかいたままにしないこと。

やさしく濡れたタオルやガーゼで拭く。
可能であれば、一日何回かシャワーで流す。
汗をかくたびに服や肌着を着替える。
こういったこまめなケアが必要です。

赤ちゃんは大人の服装より一枚少なくて良いとよく言われますよね。
風通しのよい、汗を吸収しやすい軽い服装にしてあげましょう。

室内の温度と湿度に気をつけて、
暑い時期はうまくエアコンを活用します。

また、昔はよく使われていた「ベビーパウダー」や「シッカロール」を汗のかきやすい首回りや背中にはたくという習慣。
お姑さんやお母さんからあせもにはシッカロールを使ったら?と言われることもあるでしょうが、
最近ではかえって毛穴を詰まらせてしまう、吸い込んでしまうのが良くないので
赤ちゃんのあせも対策には使わないという考えが主流のようです。

赤ちゃんあせも乳児湿疹違い

赤ちゃんの体に赤いぽつぽつが出てわからないのが、
「あせも」か「乳児湿疹」かの違いですよね。

スポンサーリンク

一般的に赤ちゃんにできる湿疹は総じて乳児湿疹といいます。
そのなかにあせもも含まれます。

症状によって異なります。大きく分けて以下のようになります。

乳児脂漏性湿疹、
おむつかぶれ、
あせも、
アトピー性皮膚炎、
食物アレルギー、

一番迷うのが、
乳児脂漏性湿疹とあせもの違いではないでしょうか。

乳児脂漏性湿疹は生後4か月頃までに多く見られます。
主に顔やおでこ、頭にでき、
脂漏性といわれるだけあって、脂っぽい黄色っぽいかさぶたのようなものやフケのようなものです。
かゆみはほとんどないですが、
炎症を起こすと赤く腫れあがったり、じゅくじゅくしたりするので注意が必要です。

それに対して、あせもは、
暑い時期汗をかきやすい部分に白いまたは赤いポツポツができ、かゆみがあります。

判断に迷う場合は、小児科や皮膚科を受診しましょう。

赤ちゃんのあせもで病院にかかる目安

こまめに汗をふいたり、
シャワーを浴びる。
市販の赤ちゃん用あせも薬を使用してみる。
などのケアをしていても一向に改善の兆しが見られない場合は病院にかかることをおすすめします。

あせもを掻き壊してしまい「とびひ」となるのが一番怖いので、
赤ちゃんが掻いているようであれが「ミトン」をつけて書き壊さないようにするなど配慮が必要です。

また、あせもでなく別の原因で湿疹が出ているかもしれません。
素人では判断できないですし、
症状に合った薬を付けることが得策なので、
判断に迷う場合は早めの受診をしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
赤ちゃんの肌トラブル心配ですよね。
日頃のケアと早めの受診で悪化しないように心掛けたいですね。

スポンサーリンク

down

コメントする




最近のコメント