毎日が大安ブログ

あなたも私も毎日が大安です

赤ちゃん新幹線での外出いつから?のぞみ座席やベビーカーが必要な時は

time 2017/04/01

赤ちゃん新幹線での外出いつから?のぞみ座席やベビーカーが必要な時は

赤ちゃんが生まれて初めて乗る長距離の新幹線での帰省。
だんなさんと一緒に帰れなく、
赤ちゃんを連れてひとりで乗る場合。
不安だらけですよね。

新幹線で赤ちゃんと二人でうまく過ごすには。
座席はどこにしたらいいのか、
ベビーカーの置き場はどうしたら良いのか。
新幹線での長距離移動のコツなどご紹介します。

スポンサーリンク
  

赤ちゃん新幹線での外出いつから大丈夫?

赤ちゃんを連れて、初めて実家に帰ろうと思うのだけど、
赤ちゃんって生後何か月から新幹線に乗って良いのでしょうね。

新幹線では具体的に何か月からという決まりはありません。

生後一か月に、一か月検診を受けますよね。
それでOKが出れば、一般的に外出が許可されるという意味合いなので、

目安としては生後一か月が経過してからですね。
ご家庭それぞれに事情がありますもんね。
首の座っていない赤ちゃんを連れた方も多いですので安心してくださいね。

小さい赤ちゃんを連れての新幹線は大変ですが、
言い換えれば、多少グズっても授乳をしてお腹いっぱいになれば
赤ちゃんはすやすや寝てくれますので、
もう少し大きくなってからの外出よりラクかもしれませんね。

のぞみで赤ちゃんとの座席はどうする?

心配なのは赤ちゃんを連れて席の確保ですよね。

始発から乗れる。
イベント時期ではなく、平常時の平日比較的すいた時間帯であれば、
自由席でも大丈夫でしょう。
平日の朝、夕方から夜にかけては自由席でも出張関係のサラリーマンが多いので注意が必要です。

確実に席を確保しておきたいのであれば、
割高でも指定席を取っておきましょう。

予約を電話でします。
事前に小さい赤ちゃんを連れていることをきちんと伝えると配慮してもらえます。

授乳室やおむつ交換ができるトイレの近くなど、
その付近で指定を取ると便利ですし、
そのあたりの車両は必然的に子連れのご家族が多くなるので、
こちらも気がラクですね。

指定席、自由席いずれにしても、
移動しやすいよう、
車両一番前、もしくは一番後ろで、
通路側にすると便利ですね。

スポンサーリンク

ただ、人によっては一番奥の席の方が、
赤ちゃんがスリングや抱っこひもで寝てくれた時に、
一番気が楽にのんびりできるという方もいらっしゃるようです。

指定席を取る場合、
お母さんひとり分だけの席にするか、
赤ちゃんの分も取り、2席取るかですが、
金銭的に余裕があるのであれば、2席取れると使い勝手が良いですよね。
並び2席側が取れれば、隣の方を気にせず座ることができます。

赤ちゃんが機嫌が良い時間は席に下ろすこともできますし、
赤ちゃん連れは荷物がどうしても多くなります。
カバンから荷物をごそごそとやるのにも2席あった方が広く使えますね。

ここで気になるのが、
赤ちゃんの新幹線指定席の料金ですが、
子供料金1人分が必要となります。

子供料金は、大人料金の半額です。
通常6歳から12歳未満が子供料金がかかります。

もちろん、自由席ですと赤ちゃんは無料です。

移動距離などを踏まえて、2席確保するのか考えたいですね。

新幹線の移動で赤ちゃんのベビーカーが必要な場合は

ベビーカーも持ち歩きたい場合、
ベビーカーの置き場はどうしたらよいのか?
授乳などで席を長くあけておくときにどうしたら良いのか心配ですよね。

普通の座席の足元に置いてしまうと、
隣の席の方のご迷惑になってしまいますね。

新幹線でベビーカーが置けるスペースは2か所あり、
車両一番前。席の足元が広いです。
車両一番後ろ。一番後ろの席の座席後ろにベビーカーを置けるくらいのスペースがあります。

そちらに置いて、心配なら車掌さんにひとこと伝えておくと安心ですね。

指定席を取る場合も、
ベビーカーのことを伝え、席を手配してもらうと安心です。

車両の一番前と、一番後ろは赤ちゃんを連れて座るにはやはり最適だということですね。

まとめ

赤ちゃんとの初めての新幹線。

せっかくですから周りの方のご迷惑になって気を使うことなく、
快適に過ごしたいですよね。

あなたのように赤ちゃん連れのお客さんは毎日多く乗車されています。
気がかりなことは、事前に最寄りのJRで問い合わせてみたり、
道中でも車掌さんに質問や相談すると親身になって下さいますよ。
よい旅を~!

スポンサーリンク

down

コメントする




最近のコメント