毎日が大安ブログ

あなたも私も毎日が大安です

汗ファンデーション崩れない方法。化粧下地おすすめと化粧崩れ対策は

time 2017/04/03

汗ファンデーション崩れない方法。化粧下地おすすめと化粧崩れ対策は

夏の暑い日、朝きちんとメイクしても暑い中営業で回っているあいだに
ファンデーションがドロドロになってるってことありますよね。
「こんな顔で得意先回ってたの?」ってがっかりしてしまいます。

忙しくてそんなに頻繁にお化粧直しもできないのに。

特に鼻の周りのオイリーな部分が悩みではないですか?

暑い日、汗をかいてもファンデーションが崩れない方法や、
おすすめ化粧下地など。
化粧崩れ対策についてお伝えしますね。

スポンサーリンク

汗でファンデーションが崩れない方法

汗をかく季節、一番皮脂崩れに強いのはファンデーションはリキッドタイプのファンデーションです。
リキッドファンデの上からパウダーをはたいておくと、
より化粧崩れがしにくいです。

鼻の周りのオイリーな部分のファンデーションがドロドロに流れてくるようだったり、
もともと脂性なら、
パウダーファンデーションの方が軽くて良いかもしれませんね。

ファンデーションでもメーカーによって、
または使うかたの肌質によっても崩れ具合が変わってくるので、
カウンターで相談してサンプルをもらって試してみるのも方法です。

またファンデーションの塗り方にもコツがあります。

顔の5か所、おでこ、両頬、鼻、あごなどにわけて載せて、
ポイントは内側から外側に伸ばしていきます。
時間がないからといって、ササっと伸ばすのではなく、
肌に優しく入れ込んでいくイメージで丁寧にのばします。
決してゴシゴシこすりません。

崩れやすい小鼻や目の周りは手やスポンジに余ったもので、
やさしく抑えていきます。

化粧直しの際には、
余分な油をティッシュで押さえます。
あぶらとり紙だと皮脂を取りすぎてしまうことになるのでティッシュで充分です。

脂を抑えたあとに、優しくパウダーファンデーションで押さえます。

可能であれば、ミストタイプの化粧水をさっとふきかけ保湿した上でファンデーションを使いと良いですね。

スポンサーリンク

化粧崩れを防ぐ下地おすすめ

下地は崩れにくいものを選ぶことと、厚塗りしないことがポイントです。
崩れるのが怖いからと厚塗りしてしまうと逆効果になってしまいます。

化粧崩れを防ぐためには化粧下地の塗り方が大きく関わってきます。

塗り方の方法はファンデーションと基本的には同じです。
顔の5か所、おでこ、両頬、鼻、あごなどにわけて載せて、
内側から外側に伸ばしていきます。

肌にきちんとなじませるために、
仕上げにハンドプレスとするとさらに効果的です。
手のあたたかさが伝わって、しっかりなじみます。

化粧崩れ対策でできること

さて、汗に崩れにくいファンデーションと下地の塗り方を学びましたが、
それ以前にお肌の状態を普段のスキンケアできちんと整えておく必要があります。

1.洗顔をきちんとする
汗をかきやすい季節、
脂浮きが気になる鼻周りを中心にしっかり泡をたてて優しく洗顔し、
肌の状態を整える。

2.保湿をしっかりする
汗をかく季節ですが、
強烈な紫外線とエアコンなどによる空調で肌は乾燥しています。
冬と同様、丁寧にスキンケアをして保湿を保ちます。

また朝、メイク前のお手入れも同様です。
時間をかけて洗顔、化粧水、乳液、化粧下地とお肌にのせていきます。

お肌は乾燥すると、肌が本来持っている皮脂を余計に出そうとします。
テカリや脂浮きが気になる場合はとくに気を付けます。

3.食生活も見直す
普段から脂っぽいものやジャンクな物を好んでいませんか?
肌の状態も基本は食べているものからです。
ナッツ類やチョコなどの食べ過ぎにも注意したいですね。

まとめ

夏場のファンデーション崩れは本当に頭が痛いですよね。
汗をかく季節でもキレイな状態でお仕事がんばりたいもの。

夏の暑い時期でもまずは日頃のお肌のお手入れをきちんとするのがポイントになりそうです。
なんでも基礎が大事ということですね。

肌に合うファンデーションが見つかると良いですね。

暑い中のお仕事ご苦労様です!

スポンサーリンク

down

コメントする




最近のコメント