毎日が大安ブログ

あなたも私も毎日が大安です

結婚式の脇の黒ずみ、脇のぶつぶつはどうしたら良いの?直前の処理は

time 2017/05/01

結婚式の脇の黒ずみ、脇のぶつぶつはどうしたら良いの?直前の処理は

ご結婚おめでとうございます。
夢にまで見た自分の結婚披露宴でのドレス姿!
ですが、結婚式を控えて心配なのが、
脇の「黒ずみ」や「ぶつぶつ」ですよね。

素敵なドレスを着ても、脇を気にしてせっかくの披露宴が楽しめないなんてもったいないです。

気になる脇の黒ずみなどをどうして解消したらよいでしょう。
一番危険なのは自己判断で処理をしてしまって、かぶれたり荒れたりしてしまうこと。

しっかり作戦を練って、脇のことを心配せずに思いっきり楽しめる式にしましょう。

スポンサーリンク
  

結婚式を控えて脇の黒ずみをなんとかしたい

脇の黒ずみが気になるというあなた。
普段の脇の処理はカミソリやシェービングで剃っていませんか?

脇が黒ずんでしまう原因はさまざまあるようですが。
一般的にかみそりなどで処理してしまうことが主な原因のようです。

一番良いのは、きちんとエステに行ってエステで脱毛してもらうことです。
もちろん一度の処理でいきなり脱毛が完了するわけではありませんが、
かなりきれいな状態いなりますよ。

気になるのは費用かもしれませんが、
最近のエステ脱毛は低価格で受けられます。

自己処理をして黒ずんでしまうよりよっぽど良いですし、
あれこれ使い慣れていない脱毛ローションや脱毛剤を結婚式間際に使ってしまい、
肌が荒れてしまったという方も多いと聞きます。

敏感肌など気になることがあるならきちんと問い合わせてみてプロにお世話になるときれいになります。

式の日程に合わせて、
式の1ヶ月~半月前にサロンに行ってみてはどうでしょうか。
エステサロンには黒ずみもキレイになるレーザーもあります。

完全に脱毛するには6~8回くらいしなければ脇の脱毛は終わらないようですが、
とりあえず当日脇のことを気にせず楽しむためには有効な方法ですよ。

その他、自分でできるケアとして黒ずみ対策は保湿も有効なようです。
化粧水でしっかり保湿することです。
それだけでも全然違うらしいですよ。

エステ脱毛と合わせて化粧水で保湿するとより効果的です。

脇のぶつぶつは

黒ずみと合わせて気になるのが脇の下の「ぶつぶつ」というあなた。
脇の毛を抜いて処理していませんか?

ぶつぶつになってしまっているのは、
無理に毛を抜こうとして脇の毛穴が傷ついたり、毛穴がふさがってしまっている状態のため
ぶつぶつしてくるのです。

スポンサーリンク

赤いぶつぶつになっているようなら、
切れの悪いカミソリで処理してしまい毛穴が傷ついてしまっている状態ですね。

いずれにしても脇の黒ずみ同様、ぶつぶつ対策としても自己処理をストップしましょう。

もし、結婚式までにエステに通う時間もお金もないというのであれば、
少々抵抗があるかもしれませんが、
脇の処理をせずにいったん肌を健康な状態に戻していきましょう。

しばらく自然な状態に戻してあげると埋没している毛が自然に伸びてきて皮膚の一番薄いところ、または自然にでてきます。

処理なしなんて!と思うかもしれませんが、
結婚式という晴れの舞台のために肌をきれいにするために一時期的なガマンです。

式直前の処理はどうするの?

さて、式直前の処理はどうしましょう。
きちんとエステに通えてうまくつるつるになっている場合は別として、

肌をきれいな状態に戻すために伸ばしてきていた場合は丁寧に処理していきましょう。

カミソリで処理する場合は、
事前にきちんとクリームなどを塗って滑りを良くして、肌をまもります。
毛の流れにそって丁寧に剃ります。
毛の流れに逆らうなど無理に剃ると肌を傷つけます。

毛を抜く場合は、事前にホットタオルなどであたためて毛穴を広げておきます。
この場合も毛の流れに沿って抜くと抜きやすいです。

どちらの場合も処理した後は保湿が大切です。
時間があるのなら、コットンに化粧水を染み込ませしばらく置いておきます。
化粧水のあと、乳液やクリームなどで保護しておくと良いですね。

どうしても脇のことが気になるのなら、
式の打ち合わせのときにメイクさんに脇のことを相談しておきましょう。
相手はプロですので恥ずかしがることはありません。
当日、脇の下にファンデを塗るなど対応の仕方があります。

ただ気を付けておきたいのは、
脇の下にファンデをつけておくと、ドレスの脇の部分につきますし
新郎にお姫様抱っこなどをしてもらったときに、
新郎のタキシード等の衣装にもファンデが付く可能性があることを気を付けましょう。

脇が見えてしまう心配があるのは、
キャンドルサービスやブーケトスなどのシーンですよね。
その時だけショールやボレロを羽織るという方法もありますよ!

女性だからこそ気になる脇の下のこと。
事前にきちんと対応しておけば気になる黒ずみもきれいになりますよ。
一番危険なのは直前に慌てて自己処理して状態が悪くなること。
しっかり準備して、素敵なお式を。

スポンサーリンク

down

コメントする




最近のコメント