毎日が大安ブログ

あなたも私も毎日が大安です

七五三2017年はいつ?神社参拝、お参り、祈祷の予約は何日にする?

time 2017/08/14

七五三2017年はいつ?神社参拝、お参り、祈祷の予約は何日にする?

七五三って一般的にいつするものなんでしょう。
初めてのことでわからないことだらけですよね。

今年2017年のいわゆる「七五三」っていつなのかしら。
神社に参拝してお参りする日はいつからいつまでで、
祈祷って予約しないとだめかしら?
するとしたらいつ?
なんていう七五三初心者ママさんのご質問にお答えします!

スポンサーリンク
  

七五三2017年はいつなの?

一般的に七五三は「11月15日」が一般的な日にちとされています。

2017年11月15日は水曜日。
数年ぶりに大安となっております。

そのため、平日とはいえ今年の七五三11月15日にお祝いを考えているご家族で、
神社参拝をはじめ、

美容院のヘアセット、着付け
衣装のレンタル
写真館、写真スタジオ
レストラン、料理店、

などは大変混み合うことが予想されます。
いろんな各種下準備、レンタル、予約等は早めに手配しておくことをおすすめします。

神社参拝、お参りはいつする?

七五三は子供の健やかな成長を祝う家庭、家族で単位での行事ですよね。

一般的には氏神様がまつられる神社に出向いて、
参拝し、
お祓いを受け祝詞をあげてもらう祈祷をしてもらいます。

家庭によっては、
参拝のみ、祈祷を受けない。
参拝もなし、写真館、写真スタジオでの写真撮影のみ。
といった考えを持つ若いご家族も増えてきたようです。

七五三が11月15日が一般的だとするならば、
神社へは11月15日当日に。
それとも、いつからいつまで参拝するのが良いのでしょうか。

当日は大変混み合うことが予想されます。
まして平日ですとお父さんお母さんが都合をつけるのも大変ですよね。

昔はいろんな考え方があったようですが、
決して当日、または「いつからいつまでに」という日にちにしばられずに、

9月後半から11月上旬あたりまでに、
ご家族で時間の調整ができる日に参拝すれば大丈夫です。

一般的には9月後半から10月のうちに済ませる方が多いようです。

今年は11月3日文化の日が金曜日になり、3連休ですよね。
その前後、当日あたりも大変混み合うでしょうね。

まだ小さいお子さんにとっては、慣れない七五三です。
初めての羽織袴や着物で、疲れる要素がいっぱいです。

スポンサーリンク

一般的に多いとされる日をさけて余裕がある早めに済ませる、
平日に休みを取るなどして、
負担を少なくするなど工夫しても良いですよね。

また気候も考えておく必要がありますよね。
9月後半から10月はまだまだ暑い時期です。
11月になるとぐっと気温が下がります。
そのあたりと、ご両親のお休みを考えて調整されると良いですね。

祈祷の予約はいつする?

七五三は参拝だけで済ませるだけでなく、

祈祷(きとう)といって、
お祓いを受け、祝詞をあげてもらうことができます。

当日いきなり行って、祈祷していただくこともできますが
たいていの場合、ものすごく待たされます。
もしくは事前予約なしでは断られます。

希望する日が決まったらとにかく早めに希望する神社に連絡を入れて
時間を予約しておきましょう。

向こうもたくさんの方を順番に祈祷していくので、
細かく時間設定がされます。
当日のスケジュールをあらかじめ想定しておいてスムースに予約したいですね。

家族だけで簡単に済ませるなら、午後から出向くのも良し。
両家のおじいしゃんおばあちゃんもご一緒にお祝いされるのであれば、
その後に食事の予約が控えているかもしれません。
それならば午前に祈祷していただいて、
そのままお昼の食事会場に移動すると良いですよね。

いずれにしても、当日は着付けからスタートするので
前後の流れをよく考えてシュミレーションしておく必要がありますね。

また、電話予約の時に忘れてはいけないことがあります。
祈祷していただくのにお金がかかります。
神社に納めるお金です。

初穂料と一般的に言います。

初穂料は神社によって金額が異なります。
準備し忘れた!なんてことがないように、
電話予約のときにきちんと金額を聞いておきましょう。

ちなみにきちんと祝儀袋に「御初穂料」と書いて持参するのを忘れずに!

初穂料のことを知さない若いママさんも多く、
七五三の話をしていると「え?それ何?」と聞いてくる方も多いです。
ママ友にもきちんと伝えてあげましょうね。

七五三時期についてのまとめ

七五三をするのはわかっているけど、
時期についていろいろと「いつ」したら良いのか疑問がたくさんありますよね。

普段忙しいお父さんではなかなかアテにならないでしょうから、
ここはしっかりママが手配しておく必要があります。

ママ友といろんな情報交換しながら、
これは知らなかった!
うっかり予約し忘れている!なんてことがないようにきちんと計画していきたいですね。

スポンサーリンク

down

コメントする




最近のコメント