毎日が大安ブログ

あなたも私も毎日が大安です

インフルエンザ予防接種、赤ちゃんは受ける?何歳から可能で効果は?

time 2017/08/30

インフルエンザ予防接種、赤ちゃんは受ける?何歳から可能で効果は?

赤ちゃんがいらっしゃるご家庭にとってこれから冬の時期になると心配なのがインフルエンザ!ですよね。
家族がかからないようにすれば、赤ちゃんは受けさせる必要はないのでしょうか。

冬の間ずっと人ごみを避けてじっとひきこもり生活をするわけにもいかず。
旦那さんは職場で必ずインフルがはやる時期はあるし。

受けさせるとしたら、
何歳から接種可能で、
赤ちゃんでも予防接種の効果ってあるのでしょうか。

スポンサーリンク
  

赤ちゃんにインフルエンザの予防接種は必要?

赤ちゃんにインフルエンザの予防接種は必要なのでしょうか?

各家庭の状況によって本当に判断に迷うところですね。
シーン別としては、

インフルエンザがはやる時期にはなるべく人の多い場所を避けて生活できる環境か。
両親ともに共働きですでに保育園などに預けられて普段から他人に接する機会が多い赤ちゃんか。
赤ちゃん自身は普段は家にいてもご兄弟が保育園、幼稚園などの集団生活においてインフルエンザにかかりやすい環境にいるかどうか。
などですね。

このテーマについては本当に賛否両論、さまざまな考え方があります。

赤ちゃんの周りの家族がまずは気をつける

一般的な考え方としては、

赤ちゃんに普段接する周りの大人、家族がきちんと予防接種を受けておく。

スポンサーリンク

それに加え、
普段から外から帰ったら手洗いうがいをきちんと行う。
咳エチケットを守る。
部屋の湿度温度、換気に気を配る。
赤ちゃんをなるべく人ごみに連れていかない。

などの基本的なことを気を付けていれば大丈夫です。

何歳から接種はできるの?

赤ちゃんは生後6か月からインフルエンザの予防接種を受けることができます。

乳児の時期は、その他の予防接種スケジュールが続く時期です。

不活性ワクチン(1週間後から次の接種ができる)
生ワクチン(一カ月後にならないと次の接種ができない)
などいろいろと制約があります。

インフルエンザ予防接種を受けてから抗体ができるまで
2~3週間かかると言われているので、
もし、考えている場合は他のものとのタイミングを考える必要があります。

冬場は風邪を引いて発熱などを起こしやすい時期です。
早め早めにこなしていく必要があります。

インフルエンザのワクチンは一歳未満に効果はあるの?

生後6カ月から接種は可能ですが、
一般的に1歳未満の乳児へのワクチンの効果は証明されていません。

そのため、医師によっては1歳未満の赤ちゃんへの接種を勧めない考えの方も多いようです。

赤ちゃんへのインフルエンザ予防接種まとめ

いかがでしたでしょう。
考えるといろいろなケースがあり心配になりますが、
信頼のおける普段のかかりつけ小児科や産院で聞いてみたり、
信頼のおける先輩ママさんに過去の体験談を相談してみると良いですね。

スポンサーリンク

down

コメントする




最近のコメント