毎日が大安ブログ

あなたも私も毎日が大安です

年賀状インクジェット用で手書き。絵具や鉛筆では?普通紙との違いは

time 2017/09/12

年賀状インクジェット用で手書き。絵具や鉛筆では?普通紙との違いは

年賀状を子供が仲良しのお友達や、幼稚園・学校の先生に手書きで出したいと言い出した!
すでに買っているのはインクジェットの年賀はがき。

インクジェットはがきで手書きをするには何を使うとうまくいく?
絵具や鉛筆はどうしたらいいの?

そもそも普通紙とは何が違うのかしら。というあなたの疑問にお答えします。
うまく使えばインクジェットでも上手に手書きで年賀状作れますよ。

スポンサーリンク

インクジェットのはがきで手書きはできる?

インクジェット用の年賀状でも用紙に合うアイテムを使うときちんと手書きができますよ。

インクジェットはがきは、
通信面(裏面)にコーティング加工が施されていて、
キメが細かく、
少ししっとりした感じの用紙で、
インクジェット式のプリンターが印刷しやすいように作られた用紙です。

インクの吸収率が高くするために
にじみにくく、液ダレなどがしにくいのが特徴。

ですので、その特性にあった筆記具やアイテムを使うと手書きでもうまく書けます。

郵便局が推奨しているアイテムは以下のとおりです。

【インクジェットはがきに向くアイテム】
スタンプ
シール
版画(インクは水性が良い)
鉛筆(2B以上の濃いもの)
ボールペン
毛筆
筆ペン
サインペン

ということですが、
水性のものだとにじみやすいと思います。

普段、私たち大人もインクジェットはがきにコメントをひとこと記入する場合も、
普通のボールペンより、サインペンのほうが書きやすいですよね。
ボールペンだとツルツル滑る感覚があります。

ですのでお子さんが手書きをしたい場合は、
サインペンなどを使うとにじみにくくしっかりと絵が描けますよ。

ただ、油性ペンなど種類によってはインクの乗りが悪くひっかかった感触でうまく書けなくて、
途中でペンのインクが出なくなる可能性があります。

スタンプは普通タイプのスタンプ台で十分なので、
スタンプを押したり、
シールを貼ったりして装飾すると良いですね。

絵具やえんぴつは?

絵具は普通の水彩絵の具だと、インクジェットの紙だと性質上水をはじいてしまうので、
色がなかなか乗らず、変なムラができます。

スポンサーリンク

鉛筆だと硬い芯のものは向きません。
シャープペンシルで書くのも同様、うまく書けません。
さらに、消しゴムで消すのも跡が残ってしまいます。

2B以上の鉛筆を使うと、しっかりと太くかけるのでなんとか書けますね。

お子さんにひとことメッセージを書かせたい場合、
失敗が怖くてサインペンは使えないのであれば、
濃い鉛筆なら書けます。

普通紙の年賀状との違いは?

いつも迷うと思いますが、
年賀状の普通紙とインクジェットの違い。
さらにインクジェットの写真用の違いは何なんでしょう。

【年賀状普通紙】
一般の官製はがきと同じ紙が使われています。

はがきに絵手紙を楽しむ方も多いですよね。
水彩絵の具や、サインペンに水彩えんぴつなど。
そういった使い方に合うのが、
年賀状の普通紙です。

【年賀状インクジェット】
前述したように、
インクジェット用プリンターで印刷するのが適した用紙。

コーティングが施してあり、インクの吸収力が高い。
ただ光沢はないので、写真を印刷すると少しぼやける。

【年賀状インクジェット写真用】
インクジェット式プリンターで写真が綺麗に印刷できるよう加工された用紙。

写真専用用紙のような、白くつやつやとした光沢があり、
写真のそのままの風合いで印刷できます。

こちらは、インクがにじみにくい加工がされているので、
インクジェット紙とは鮮明度が違い、
ぼやけることが少ないので写真を印刷する場合に適しています。

こういったふうに3種類、紙質に違いがあります。
ですので、
デザインした年賀状データを印刷するには、
インクジェット紙が適していますが、
数枚、手書き専門に使うには描きにくく、使いづらいと思います。

お子さんが「パパ、ママが作った年賀状ではなくって自分で絵を描きたい!」と言った場合は、
普通紙の年賀状を用意するのが一番ですね。

もし、インクジェット用紙が多数あるのなら、
同じ年で、
きれいな状態であれば、郵便局で無料で普通紙年賀状と交換してくれます。

その方がお子さんも文具を選ぶことなく、自由に好きな絵が描けて楽しいですね!

年賀状の準備楽しみながらすすめてくださいね~。

インクジェットはがきについてもまとめました
↓ ↓

インクジェットはがきとは?普通ハガキとの違いや値段、コピー機印刷は?
スポンサーリンク

down

コメントする




最近のコメント