毎日が大安ブログ

あなたも私も毎日が大安です

インフルエンザママの場合授乳は?赤ちゃんにうつる?潜伏期間は

time 2017/09/14

インフルエンザママの場合授乳は?赤ちゃんにうつる?潜伏期間は

インフルエンザ。あんなに気を付けていたのにママがかかってしまった!

完全母乳で授乳中の生後数か月の赤ちゃんがいる場合。
授乳は続けてもだいじょうぶなのでしょうか?
赤ちゃんにうつしてしまう可能性は?
知らずにうつしてしまってるかもしれないのだけれど、潜伏期間は何日くらいなのでしょうか。

一番お世話をするママがインフルエンザになってしまっても、
赤ちゃんから基本的には離れられないですよね。
いろいろ心配でしょうし、体もしんどいでしょうが乗り切ってくださいね。

スポンサーリンク
  

インフルエンザにかかって授乳はできる?

一番心配なのは授乳のことですよね。
完全母乳だとしたら、やめるわけにいかないですよね。

授乳中にインフルエンザにかかってしまっても、やめる必要はありません。

インフルエンザがうつるのは飛沫感染です。
空気感染でもありませんし、
母乳の中にインフルエンザのウイルスが溶け込んでしまって、
それを飲むことによって赤ちゃんも感染してしまうという事態もありません。

授乳自体は安心しても大丈夫です。

授乳するときは密着しますので、くしゃみや咳などで飛沫感染してしまうこともあるかもしれません。
授乳中に限らずインフルエンザにかかったら室内でも感染防止の意味でマスクをしていると思いますので、
引き続き、気を付けてマスクと手洗いなどは徹底すると良いですね。

病院で処方されたタミフルやリレンザなどの抗インフルエンザ薬が母乳へ出てしまうこともほとんどないと考えられています。
薬を飲んでいるのに授乳しても良いか心配でしょうが、その場合もだいじょぶうです。
心配なのであれば、病院にかかった際に「授乳中」であることをきちんと伝えましょう。

一番しんどいのは、ママの体調が症状がつらくてしんどいのに赤ちゃんに授乳しないといけないことかもしれません。
一時期的に母乳をやめてしまうと、おっぱいが張ってしまって乳腺炎の可能性も出てきます。
しんどいでしょうが、
横になったまま授乳することもできますので、何とか乗り切ってほしいです。

スポンサーリンク

赤ちゃんにうつる可能性は?

生後数か月の赤ちゃんにもインフルエンザがうつる可能性は十分あります。

実際にうつってしまい、赤ちゃんが入院してしまうケースもあるようです。

ただ、すべてのケースでうつるわけではなく、
何度家族がかかっても、他の家族にうつらないというご家族もたくさんあります。

あらゆる可能性があるのですが、
神経質になってしまうときりがないですよね。

できるかぎり、家族からうつさないよう最低限の配慮はしてあとは過ぎ去るのを待ちましょう。

赤ちゃんに移さない対処法としては、
マスクをする。
手洗いうがいを徹底する。
部屋の換気をこまめに行う。
空気清浄機があれば使う。
湿度を高めに保てるようにする。
食事、離乳食、ミルク、おむつがえなどのお世話をするときは使い捨てビニール手袋をする。
マスクを捨てるときはビニールなどに入れて密閉してすてる。

こういったことができます。

インフルエンザの潜伏期間は

インフルエンザの潜伏期間は平均1~2日と言われています。

ママが感染してしまったことを気が付かないうちに、濃厚に接触していたらもしかしたらうつってしまっているかもしれませんね。

そうだからといって、発症しないうちから薬を飲ませるわけにはいきません。
心配してもきりがないので様子を見ながら安静にしてすごしましょう。

いつもより機嫌が悪い、
鼻水が多く出ている。
母乳の飲みが悪くなっている。
離乳食を受け付けない。
体が熱っぽいなどの赤ちゃんの変化を感じたら、早めに受診すると良いですね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ご主人や近くにご両親など頼れる人がいるのなら、
赤ちゃんにうつさないためにも、赤ちゃんは誰かに見てもらいながら授乳以外は別室で隔離してもらいゆっくりと体調を戻すことができたらいいですね。

スポンサーリンク

down

コメントする




最近のコメント