毎日が大安ブログ

あなたも私も毎日が大安です

加齢臭はどこから?夫の加齢臭対策法と本人にうまく指摘する方法は?

time 2017/09/26

加齢臭はどこから?夫の加齢臭対策法と本人にうまく指摘する方法は?

年齢とともに気になってくるのが夫の加齢臭ですよね!
若いころには、結婚したころにはまったくなかったあの独特のにおい。

確かに最近運動不足気味。
つきあいでお酒を飲む機会は多いけれど。

どこからあのニオイはやってくるのでしょうか。
家庭でできる加齢臭対処方法。

そしてきっと会社や外で出会う方にも気づかれているかもと心配ですよね。
本人を傷つけることなくうまく指摘してあげる方法も考えてみましょう。

スポンサーリンク
  

加齢臭はどこからにおいがするの?

加齢臭の原因は、皮膚の表面に居る常在菌によって分解された、ノネナールという物質によるもの。
また皮脂が酸化することも要因のひとつ。

皮脂そのものがニオイがするというわけではなく、
皮脂が皮膚や衣類などの表面に長くあること雑菌と混じり臭いの元となっています。

特に後頭部や耳の裏側、顔のTゾーン辺りは年齢と共に汗をかきやすく皮脂を分泌しやすい箇所です。
皮脂が多量に分泌されるため、臭いの発生源になるのです。
皮脂そのものが悪いわけではありません。

この仕組みは男性ホルモンが関係してきます。
男性ホルモンには皮脂の量を増やす働きがあり、これが加齢臭の発生に関与しているのです。

男性は基本暑がりではないでしょうか?
だんなさんは特に夏場などゆっくり湯船につかることなく、低い温度のシャワーで簡単にすませていますよね?

ぬるめのシャワーで長す程度ではニオイを発生してしまう皮脂をうまく洗い流すことができていない状態です。

よって、いわゆる加齢臭の典型ともいえる「枕の強烈なニオイ」を発生させることになっているのです。

おもしろいことに、
男性の加齢臭は、壮年期を過ぎ、
男性ホルモンの分泌量が減ると 徐々に解消されるそうです。

つまり加齢臭が発生してくるということは、
働き盛りまっさかり、男性ホルモン全開ということですね。
とはいえ、あの独特の臭いはどうにかしたいですよね。

夫の加齢臭対策方法

家庭でできる夫の加齢臭対策を考えていきます。

方法としては、体を洗うなどの外からのケアと、食事などの内側からのケアの2通りになります。

【外からのケア】
1.体を洗う
まず第一にできることは、皮脂を洗い流すことですね。
簡単にシャワーで済ませていた生活から、きちんと湯船につかる生活にシフトするのがおすすめ。
しっかりお湯に浸かることで、皮脂を洗い流します。

毎朝熱めのシャワーを浴びるという方法も得策です。
テレビ番組で紹介された方法で、
熱め42度くらいのお湯で、
皮脂の分泌が多い首筋、背中、胸、あたりを1か所30秒を目安にお湯をかけ流します。
これによって古い皮脂を流すことができます。

加齢臭対策にいろんなボディーソープやせっけんが販売されています。
適度に使うことは大切ですが、
そういった商品は洗浄力が強いために必要以上に皮脂を洗い流してしまい、
かえって体内からの皮脂分泌を促進してしまうこともあるようです。

無理に加齢臭対策アイテムを増やさなくても、
普通のせっけんでじゅうぶんですし、
上記で述べたシャワー活用方法でもしっかり皮脂は流れます。
適度に使いたいですね。

2.消臭グッズを使う
ファブリーズやリセッシュなど衣類のニオイを取るアイテムを上手に使います。

汗や皮脂をふき取るウエットティッシュタイプのアイテムなどを使い、
外で汗をかいてしまったときなどに活用すると便利です。

ただこちらも加齢臭の臭いと、
消臭グッズの臭いが混ざってしまったりすると余計にひどい臭いになることもあります。

適度に使いたいですね。

【内側からのケア】
1.食事バランスを気を付ける

皮脂や汗のニオイの元になっているのは、元をただせば体内に入れたもの。
つまり食事ですよね。

つい、脂っこいもの、肉食中心生活になっていませんか?
加齢臭だけに限らず、年齢や健康面も考えてお肉と同じだけ野菜を摂る。
ミネラル類、アルカリ性食品を気を付けて摂る。
お酒の量を減らす。
など、できることから改善していくと良いですね。

スポンサーリンク

2.便秘に気を付ける
お腹の中にガスや便が溜まった状態ですと体内から異臭を発することもあります。
食生活に気を付けることに結びつきますが、便秘にならないようにします。

【その他、加齢臭対策にできること】
運動不足ではありませんか?
忙しい毎日ですが、
時間を見つけて、体を動かして汗をかくようにしましょう。
週末も時間が取れないのであれば、
通勤時間を利用してひと駅分歩くなど工夫します。

外側からのケアよりも、内側からのケアの方が効果が出やすいです。
また、体のニオイを軽減させるサプリメントなども販売されていますが、
口コミによるとあまり効果は感じられないそうです。

体に気を付けた生活に改めることで加齢臭も自然に改善されていくはずです。

本人を傷つけることなくうまく指摘させるには?

一番困るのが、自覚のない本人、つまり夫にどう伝えるか。
気づかせるか。
傷つかせることなくうまく指摘するかですよね。

本人に知らせずに、
陰ながら奥様であるあなたが食事に気を配ったり、
洗濯物のニオイをうまく取り除いたり配慮するという手段もあるかもしれませんが。

だんなさんが外で他の人から臭いを嫌がられていたりするとしたら、
やはり本人に伝えるべきですよね。
自覚がないと、外での食事や運動習慣をあらためることはできませんよね。

なかなか言いにくいですが家族だからこそ伝えてあげるべきですよね。

3つのパターンを考えてみました。

本人を心配してきちんと伝える

本当のところ、ご主人のことを心配されているのですよね?
直球に、または少し言い方を変えて、きちんと伝えてみては?

加齢臭がしてきている、
外で臭いを嫌がられていないか心配している、
健康面も悪くなっているのではないか?

という思いを総合して相手を思って切り出してみませんか?

「こんなこと言われたら嫌かもしれないけど、
最近体調大丈夫?
食べすぎ、飲みすぎではない?
前にはなかったにおいがしてくると思うのだけどどこか体調悪くないかしら?」

思いをやんわり言葉を選んで伝えてみては。
妻だからこそ一番近くにいる人だからわかることです。

ただ単に「太ったんじゃない?」「ちょっとは痩せたら?」なんて言われると誰でも嫌なものですが、
あなたのことそのものを心配しているのという思いを伝えたら、
相手は嫌ではないのではないでしょうか。

遠回しに消臭剤を置かれたりするより、きちんと伝えたりする方が愛情が伝わると思います。

子供に伝えてもらう

お子さんがいらっしゃるなら、やんわりと伝えてもらうのはどうでしょうか?
いっしょにお風呂に入ったときに。
出かけている車のなかで。

「お父さん最近なんだかニオイ変わってきたよね?
僕、私はそう思うんだけどどう?」

子供だからこそストレートな言い方も嫌味がないと思います。

もちろんお子さんにも変に加齢臭などの先入観を入れる必要はありません。
思った気持ちをお父さんに伝えてあげて、と頼んでみては?

聞いてきた話として伝える

「最近、仲良しの〇〇さんのご主人、忙しくて体調悪くされてるんですって。
奥さんも体から出るニオイでわかったらしいのよ。
年齢からくるニオイもあるし、
やっぱりある程度40歳を超えたら男性も女性もケアをしてニオイエチケットに気を付けないとね~」

いかがでしょう。
でもご家族ならなおさら、見え見えのエピソードになってしまうかもしれません。

そんな遠回しの言い方して変に勘ずかれるくらいなら、きちんと伝えた方が後味が悪くなくて良いかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
男性ホルモンのバランスで誰でもある程度年齢を重ねると発してしまうニオイです。

うまく対処してケアすることで緩和できるもの。
肝心なのは本人がきちんとそのことを意識しているかどうかですよね。

一番近い奥様のあなたからうまく伝えて、だんなさんをサポートしてあげてください。

スポンサーリンク

down

コメントする




最近のコメント