毎日が大安ブログ

あなたも私も毎日が大安です

雨の日子供乗せ自転車どんなレインコート?荷物は?濡れない方法を考える

time 2018/03/19

雨の日子供乗せ自転車どんなレインコート?荷物は?濡れない方法を考える

毎日の幼稚園、保育園への自転車での送迎本当にお疲れ様です。

車が使えたり、園バスで送り迎えしてもらえると助かるんですけどね。
車の免許がなかったり、
ご主人が車に乗ってでかけるおうちだと無理ですし。

お仕事の関係で、園バスのない幼稚園を利用している方もいらっしゃることでしょう。

これからの雨の季節、
子供がなるべく雨に濡れずにすむにはどんなレインコートが良いのでしょうか?

子供と自分の荷物はどうしましょう。
なるべく雨に濡れない方法を考えていきましょう。

スポンサーリンク
  

雨の日、子供用レインコートはどんなタイプ?

雨の日、自転車の子供乗せに最適なのは
レインコート
レインポンチョ
どちら がいいんでしょうか…?

どちらも一長一短ありますよね。

レインコートは、
形が細見なので風で裾が舞うことない。
その分、足が出にくい、広げにくい。

レインポンチョは、
裾が広がるので風が吹いていたり、
風を切って自転車を走らせているときには足元が特に濡れやすい。
急な時に足が出しやすいので安全面には向いている。

よって、大きな差はあまりありません。

濡れにくさを重視するのであれば、
レインコート、ポンチョどちらでも用意して、
レインパンツを用意するのが無難ですね。

もしくは、はじめから上下セパレートタイプのものを選ぶと一番活躍するかもしれません。


☆楽天市場⇒ソルビィ Solby ぱんちょ ポンチョ 子供用 レインコート 【あす楽】

ただ、セパレートタイプにも短所があります。
上下べつべつに着せる必要がある。
ズボンになっているので暑い、蒸れるので子供が嫌がるという点ですね。

それでなくても朝の忙しい時間。
レインコートを着せるのに子供がぐずぐず言って聞かないなんて困りもの。

まずは子供が喜びそうなキャラクター物や、
かわいい柄、かっこいい柄をチョイスしましょう。
子供本人に選ばせてもいいですよね。

それから幼稚園、保育園に入る前ののんびりした時間に、

雨の日に自転車に乗るときはこんなのを着て幼稚園に行くんだよ。と説明をしながら
実際に着せてみると実感がわきますし、
小さい子供でも自分のおかれた状況を理解してくれるものです。

一番良くないのは、
いきなり忙しい雨の日の朝に、

怒りながら初めて着せてしまうことかもしれません。

スポンサーリンク

☆楽天市場でキッズ「レインコート」のレビュー件数が多い順で商品を見る→キッズ「レインコート」のレビュー件数が多い順

雨の日自転車の荷物はどうする?

雨の日の自分たちの荷物はどうしましょう。

子供が幼稚園バックひとつであれば、
そのまま斜め掛けさせて、上からレインコートが一番助かるかもしれません。

荷物が多かったり、
お母さんも自分の仕事用バックがある場合などは工夫が必要ですね。

雨に濡れても構わないはっ水が期待できそうなビニール素材のバックを用意します。
たとえば、大きいエコバックのようなもの。

スーパーのレジかごに入れて使うタイプだと大容量だし、
小さく畳めて持ち運びも便利です。

その中に必要なバックを全部入れ混んで
上からビニール袋をかぶせます。

おすすめは保冷バックですよね。
こんなかわいくて実用的なものもあります。
中が保冷シートになっているので多少の水分は通しません。

それでも雨に濡れることが心配な場合は、
外からのビニール袋の他、
内側にも、
どこかのショップのビニール袋など大きくて厚めのビニール袋を入れておき、
中を二重にしておくと厳重で安心です。

なるべく雨に濡れない方法は?

子供をなるべく雨に濡らせない一番の方法は、
自転車の「子供乗せ自転車チャイルドシート専用」のレインカバーを活用すること。

安いものでなく、
きちんとしっかりした作りの物を選んでおくと、
乗り降りの時に、雨に濡れない場所で乗り降りしておくと
ほとんどレインコートなしで子供が雨に濡れる心配がないんです。

これはストレスからかなり解放されますよね。

後ろの席用だけでなく、
近頃はきちんと前の席用もありますよ。

雨だけでなく、
風も防げるので冬の寒い日には防寒アイテムとしても活用しますので
決して高い買い物ではないです。

いま、たいていの若いお母さんたちが使っているといっても過言ではないのが、
人気のLittle Kiddy’s(リトルキディーズ)のレインカバー。

とにかく見た目がオシャレで、洗練されています。

楽天市場でリトルキディーズのレインカバーを見る⇒

少し前までのような、
野暮ったくて、使い勝手が悪く、
暑い、蒸れる、狭い、前が見えにくいなんていう子供が嫌がる点がなくなっているので、
本当に使いやすいと、

楽天市場でのレビューもものすごい数が投稿されていますよ。

雨の日対策にしてはちょっといい買い物だな~と思われるかもしれませんが、
これから数年間使うものです。
雨の予報が出ても頼れるグッズがあれば、そんなに憂鬱にならずにすみますよね。

まとめ

小さなお子さんを連れてこれから数年、幼稚園、保育園の自転車の送迎大変だと思います。

大雨の日、荒れた天気の日は決して無理しないでくださいね。
思う以上に濡れた路面は危険です。
お母さんご自身も視界が悪くなったり、
車の動きに気付きにくかったりすることもあるかもしれません。

そんな日はぜひタクシーなどを利用してください。
安全に越したことはないですよね。

お気をつけて毎日がんばってください。

スポンサーリンク

down

コメントする




最近のコメント