毎日が大安ブログ

あなたも私も毎日が大安です

日焼け止めと化粧下地の違い。日焼け止めは化粧下地になるの?どちらが先に使うと効果的なのかしら

time 2018/03/28

日焼け止めと化粧下地の違い。日焼け止めは化粧下地になるの?どちらが先に使うと効果的なのかしら

日差しがきつくなってくると気になるのが紫外線ですよね。
毎日のお化粧で化粧下地を使っているけど、
日焼け止めも顔に塗るべきなのか気になりますよね。

でも暑くなる時期はあまり重ね塗りしてしまうと、テカリやヨレなどの化粧崩れが気になります。
日焼け止めは化粧下地としても使えるんでしょうか。
両方使うとするとどちらを先に使うと効果的なのかわからなくなりますよね。

なるべく日焼けはしたくない!
でも朝のメイクで手間がかかったり、
重ね塗りすることで厚化粧になるようならしたくないです。

スポンサーリンク
  

日焼け止めと化粧下地の違いは?

日焼け止め、化粧下地とひとくちに言っても、
発売されているメーカーや商品によって目的や形状もさまざまです。

似ているようで、はっきりとした違いのある「日焼け止め」と「化粧下地」。

日焼け止め

日焼け止めとは、年中降り注ぐ紫外線の害からお肌を守る化粧品。
また、
紫外線を吸収して日焼けを防ぐ化粧品と表現することができます。

化粧下地

化粧下地は主に、お化粧を補佐、保護、効果アップさせる意味があります。

また商品によって効果、目的がさまざまあります。

1.お化粧をする前にお肌の状態を整える。
2.後から塗るファンデーション、アイシャドー、などの付き具合や伸びをよくする。
3.顔色を補正したり、トーンをアップさせ明るく見せる
4.シミやクマなどを見せたくない部分を補正して隠す

など。
こういった効果を期待して使うものです。
化粧水、乳液などの基礎化粧品でお肌を整えた後に使います。

簡単に違いと表現すると、
日焼け止めは紫外線の害から肌を守るもの。
化粧下地はお化粧効果をよくするもの。

一見同じようですが、目的と効果ははっきりと違いがあります。

日焼け止めは化粧下地になるの?

日焼け止めは基本的に紫外線の害から肌を守るもの。と、
先ほど書きました。

ですが最近では「化粧下地効果がある」日焼け止めも発売されています。

日焼け止めのパッケージや外箱の表記をよく読んでください。

「化粧下地として利用できます」
「化粧下地として使えます」などの表記があります。

そういった商品は、日焼け止めだけど少し肌色に色が付いていたりします。

試供品を実際肌にとってみて確かめてみてください。

できれば、夏の汗をかく季節は重ね塗りはさけたいですし、
朝の忙しい時間併用できたら時短になりますよね。

お財布にも優しいです。

スポンサーリンク

どちらを先に使うと効果的?

日焼け止めと化粧下地の違いがわかったところで悩むのが、

普段お化粧するときに日焼け止めと化粧下地のどちらを先に使う方が良いの?ということですよね?

日焼け止め効果を優先するのなら、
先に化粧下地を塗って、その上に日焼け止めなのか?

はたまた反対なのか?わからなくなりますね。

一般的には、
洗顔して化粧水、乳液といつも通りのお手入れでお肌の状態を整えたあとに、

日焼け止め→化粧下地の順番が良いとされています。

なぜならば、
化粧下地は後から塗るファンデーションと密着することでよりお化粧をきれいに見せることが目的なので、
その役割ときちんと果たすことができるからです。

デメリットもあります。
先に日焼け止めを塗ることで毛穴を防ぐことになってしまい、
肌荒れや毛穴のつまりなど肌への負担が多い。
汗をかくと日焼け止めが流れやすい。
という点です。

日焼けをしたくないというのが一番の目的だとするなら、
化粧下地を先にして、日焼け止めを後にするという方法もありです。

メリットとしては、
日焼け止めが後になるので、より日焼け防止効果が期待できる。
後から、日焼け止めを塗りなおすのに効果が期待できる。

デメリットは、
日焼け止めとファンデーションを直接重ねてしまうことで白っぽく仕上がることが多々ある。
ファンデーションが伸びにくい。

ということですね。

まとめ

お化粧の順番に絶対はありません。
あなたが最優先したいのが、

メイクの仕上がりの美しさなのか。
外にいる時間が長いから紫外線からお肌を守りたい、焼けたくないのが最優先なのか。

それによって順番を変えてみてください。

顔に塗る日焼け止めと言ってもいろいろなタイプがあります。
屋外でスポーツする場合を想定したものは、
こっくりとしたテクスチャーで白っぽいものが多いですよね。

日常生活に特化したものだと、サラっとしたウォーターベースもあります。

自分の目的に合いそうなものを、ぜひ売り場で試供品を使って手の甲に伸ばして感触を試してみてください。

どちらにしても、
たくさんのアイテムを重ね塗りしてしまうと肌に負担がかかりやすくなります。

薄く塗ったり、
自宅に帰ったらすぐに洗い流すようにするなど気を付けたいものです。

ファンデーションも肌に負担の少ないBBクリームや、
日焼け止め効果のあるものもありますので、
それらを併用することで、肌に負担が少ないようにしたいですね。

スポンサーリンク

down

コメントする




最近のコメント