毎日が大安ブログ

あなたも私も毎日が大安です

タオルについた黒いポツポツはカビ?使っても大丈夫?カビが生えない対策は

time 2018/04/14

タオルについた黒いポツポツはカビ?使っても大丈夫?カビが生えない対策は

毎日きちんと洗濯しているのに。

普段使っているタオル、
よく見ると真ん中あたりに黒いポツポツを発見してしまった。

これってもしかしてカビなのかしら?
顔を拭いたり、お風呂上りに使っても衛生的に大丈夫?
カビを落とす洗濯方法ってあるのかしら。

もうこれ以上手持ちのタオルにカビを発生させたくないですよね。
今後カビが生えないように、
するにはどんなことに気を付けるべきなのか。
考えていきましょう。

スポンサーリンク
  

タオルについた黒いポツポツはカビ?

きれいだと思って毎日使っているタオル。
よく見ると黒いポツポツとした点々があるのを見つけてしまったというあなた。

残念ながら、それは「カビ」ですね。

まさか!ですよね。
きちんと毎日洗濯してきちんと干してるのに。
そうです。

タオルって常に湿っている状態だから余計にでもカビが生えやすいんですよ。

たとえば、
キッチンで使っているタオル。
調理しながらしょっちゅう濡れた手をタオルで何度も拭きますよね?

特に、拭くのはタオルの真ん中あたりでは?
そうです。
だからタオルを二つ折りにした中心あたりに黒いぽつぽつ。
つまりカビが生えるんですよ。

洗面所で使ってるフェイスタオルも同じではないですか?
普段、洗顔した後に顔を拭いたり。
外から帰って手洗いうがいをした後、タオル使いますよね。

でも、洗濯は一日に1回程度だから。
取り換えるのも一日1回では?
家族が大勢いる場合は何人もの人が順番にタオル使いますよね?
ということは次の洗濯まで湿ったままですよね。

濡れたタオルを持ち帰ったとき、
そのまま洗濯かごや、洗濯機に直接ポンと投げ込みませんか?
そのタオルも湿ったままの状態です。
特に、洗濯機の中などはカビが生えやすい絶好の湿気の多い環境ですもの。

洗濯にお風呂の残り湯を使っているから?と思うかもしれませんが、
残り湯とカビは直接関係はありません。
それより、やっぱり濡れたまま放置されていることが一番の原因なんです。

カビが生えてしまったタオル。使っても大丈夫?

ということは、
カビの生えたタオルで毎日、顔や手を拭いたり、お風呂上りのさっぱりした体を拭いているわけですよね?
衛生面が心配ですよね。

あまり気にならないのであれば、
そのまま使ってもそれほど重要に健康面に影響はないのでは??

そうは言ってもカビです。
除菌したいですよね。

カビが生えてしまったタオルの除菌方法

漂白剤で浸け置きして殺菌処理をします。

スポンサーリンク

40~50度程度のお湯に粉末酸素系漂白剤を適量溶かします。

粉末酸素系漂白剤とは一般的に、
ワイドハイター粉末タイプ
カラーブライトなどです。

溶かす分量は「しみぬき」と洗剤に表記された分量を参考にします。
1時間から2時間程度浸け置きをして漂白します。

漂白後は、よくすすいで風通しの良いできれば日当たりの良い場所で乾かします。

ちなみにカビの黒い点々は漂白剤に浸け置きしても取れません。
菌は死滅します。

殺菌ができていれば、
黒いポツポツが残っていても心配するような健康被害の恐れはないでしょうが、
どうしても気になるようなら、
あっさり買い替えて、
次からは気を付けて使うと良いですね。

カビが生えない対策は

今後、タオルにカビが生えないようにするには2つポイントがあります。

濡れたタオルを放置しない

タオルの性質上、常に濡れていることが多いです。
その状態で放置されることでカビが発生してしまいますので、

できるだけ濡れたままにしておかないことです。

特に、丸めたまま。
他の洗濯物の間に挟まった状態などは避けましょう。

台所タオルは濡れた状態によってはこまめに取り換えて、
次の洗濯のタイミングまではベランダなどで風に当てて干しておきます。

洗面も同様です。

お風呂上りに使ったバスタオルも同様、洗濯まで乾かしておくことです。
どうしてもベランダや外などには干せない場合は、
なるべく広げた状態でハンガーなどにぶら下げて、
湿気の多い脱衣室ではなく、
風通しの良い場所か、
家の中でも湿度の低い乾燥した箇所に置いておくと違います。

洗濯機のカビ取りをこまめにする

洗濯槽にカビが発生している可能性もあります。
いくらきちんと洗濯しても、
使う洗濯機の中にカビがあるのなら、カビ菌が洗濯物についてしまいます。

定期的に洗濯槽用の洗剤を使ってカビ取りをします。

普段は、
洗濯が終わったあとは、水分を飛ばすためにフタは常にあけたままにしておく。

洗濯機の中に普段から洗濯物を入れず、
洗濯カゴなどを用意して、
物を詰め込んだまま、湿気がたまる状態にはしない。

こういったことを毎日の習慣にしていくとカビを防ぐことができますよ。

まとめ

タオルは毎日気持ちの良い状態で使いたいですよね。
カビが生えてしまうということは、
濡れたままで放置されていたので、ニオイも発生しているかもしれません。

普段から気を付けて、
さっぱりとした香りの良いタオルを使いたいものです。

スポンサーリンク

down

コメントする




最近のコメント