毎日が大安ブログ

あなたも私も毎日が大安です

お風呂ピンク汚れが落ちない。洗剤はカビキラーが良い?予防方法は

time 2018/04/16

お風呂ピンク汚れが落ちない。洗剤はカビキラーが良い?予防方法は

お風呂場にピンク汚れがついてしまいました。
普段から割とまめにお風呂掃除はしているつもりだったけれど、

梅雨のじめじめ時期や夏が近づいてきて高温な日が続くと、
気が付くと、
お風呂の隅のあたりにうっすらとピンク汚れって付いてるんですよね。

そういえば、
シャンプーボトルの裏や
排水溝の脇など、水分がたまってしまっている場所によく生えますよね。

ゴシゴシやってもなかなかきれいに落ちないです。

ピンク汚れってカビなんでしょうか?
洗剤は何を使えばいいのかしら。
カビだとしたらカビキラーなどが?

掃除が大変なのは困るから今後ピンク汚れが発生しないようにしたいのだけど、
予防方法はどうしたらいいのでしょう。

お風呂は毎日使う場所ですから、
なるべく最低限のお掃除やお手入れできれいに保ちたいですよね。

スポンサーリンク
  

お風呂ピンク汚れが落ちない。

水回りに発生するピンク汚れ。
特に気が付くとまた出ている、
お風呂場のピンク汚れが落ちない!

ピンク汚れってそもそもカビ菌なんでしょうか?
調べてみました。

ピンク汚れはカビではありません。
なんと「酵母」だそうです。

酵母というと聞こえはいいですが、
酵母菌なのでいわゆる「菌」には間違いないのです

しかもこの菌がピンク色なので、ピンク色に発生していくようですよ。

この酵母菌、空気中で浮遊している菌で、
特に水回りに存在するというわけではなく、
ありとあらゆる水分が発生する場所で、
水分にくっついて増殖していく仕組みで生息しています。

繁殖スピードがとても速いのが特徴で、
なんとカビよりもっと早いそうですよ。

一度、水分と菌が付着するとピンク色の汚れとして目に見えるようになるのに数日といわれています。

だから、
きれいにしてもきれいにしてもすぐに発生していて、
落ちにくい!という気持ちになるんですね。

洗剤はなにが良い?カビキラーが良い?

さて、このピンク汚れどうやって洗うと効果的に汚れが落ちるんでしょうか?

ピンク汚れは程度の軽いものであれば、
お風呂用スポンジや、
メラミンスポンジなどのようなもので
適度にこすれば落ちると思います。

スポンサーリンク

ただ、数日経過したものであるとなかなか落ちにくいのが現状です。

ピンク汚れはカビではないとはいえ、
原理はいっしょです。
原因は「菌」なので、その菌が発生しないように菌自体を落とす洗剤を使うと効果的です。

お風呂用洗剤であれば、
除菌効果を謳ったものを使うと良いですよね。

せっかくきれに洗っても、
すぐまたピンク汚れが浮き上がってくる場合は、
菌そのものを落とせていないからです。

その場合は「エタノール」を使うと効果的です。

キッチンペーパーやティッシュなどにエタノールを染み込ませて、
気になる部分にかぶせて10分程度放置しておきます。

時間がたち、
気になる部分をブラシなどでこすり、
水で洗いながすと良いです。

お風呂ピンク汚れが落ちない。洗剤はカビキラーが良い?予防方法は

掃除しても掃除してもすぐ生えてくるピンク汚れを防ぐにはどうしたら良いのでしょうか。

基本的にはカビ防止策と同じです。

守ることは、
換気と水分を残さないこと。

お風呂上りからすぐに換気していきましょう。
換気扇がある場合はなるべく24時間回しっぱなしにします。

窓がある場合は、換気扇と併用。
窓もずっと開けておきましょう。

お風呂上りには、自分が使ったバスタオルで浴室の水分を拭き取る。
スクイジーなどで壁の水切りをする。

水がたまりそうな、
シャンプーボトルなどの裏にたまった水分はふき取る。

お風呂のおもちゃ、フタなど水分が溜まりやすいものは、
風呂場から出して、
ベランダなど風通りの良い日陰の場所で乾かす。

面倒だなと思われるかもしれませんが、
ピンク汚れが発生したのをゴシゴシこする方が面倒ですよね。

毎日の習慣にしてしまえば大したことはないはずです。

まとめ

ピンク汚れがカビではないことがわかってホッとしましたが、
結局は菌であることは間違いないので、
落としにくいし、
表面的にはきれいになったようでも、
菌そのものが残っている場合はすぐに発生することがわかり勉強になりましたね。

いずれにしても、
水回りは日頃から特に気をつけて、
衛生的にカラっと乾かして管理しておかないといけないということです。

習慣づけていきたいものです。

スポンサーリンク

down

コメントする




最近のコメント